○玉

2010 タイ・クライミングツアー   (○玉)



■日 程 : 2010年11月20日〜12月3日朝

■参加者 : ○玉、ほか




▲ライレイウエストのビーチ

心配した天気の方はネットで週間予報を見ると雨や雷マークがずらりと並んでいた。今年はまだ雨季が明け切っていないようだ。これも地球温暖化の影響だろうか?

20日 : 例によって関空を深夜の00:30にフライト、バンコクで乗り継いで09:20クラビ空港に着く。2年前には空港でスコールの洗礼を受けたのだが、今日は青い空が出迎えてくれたので一先ず安心だ。今回泊まる宿は3年前に泊まったことのあるJ・Hotelである。リニューアルして小奇麗になっていた。

▲「Muay Thai」のNuat Hin(6a+)

荷物を整理して早速ボートに乗ってライレイビーチ(ウエスト)へ。さらに歩いてエリア「Muay Thai」で登る。1本目のNuat Hin(6a+)はフェースがツルツルに磨かれたようでポケットには水が溜まっている。2本目のMuay Thai(6b+)は因縁のルートである。3年前初めて取り付いた時は2ピン目にも届かなかった。また、昨年は最終日に取り付いたが、肋骨の疲労骨折で1ピン目での敗退となった。今度も案の定、恐竜の舌のようなハングを乗り越すことが出来ずに数回トライし登ることが出来た。

21日 : 今日はトンサイで降りてエリア「Dum’s kitchen」に向う。目指すは今回の目標の一つであるThe Lion King(6c+)だ。Sさんは昨年来、来年の喜寿の祝いに登ると公言し頑張って来た。Iさんがヌンチャクを掛けてくれたのでトライする。昨年はトラバースが出来たのだが、今日はニーロックが決まらず3ピン手前でフォールした。昼飯は食堂で焼き飯を食べる。去年まではビールに良く合い美味しかったが、不味くてサービスも悪くなっていた。オーナーが替わったようだ。午後は潮が引いた磯を歩いてエリア「Eagle Wall」へ。2本目はTRでSea Monkeys(6b+)を登る。30mと長く終了点直下が難しかったが、好いルートだ。夕食を食べ始めると激しい雷雨に襲われた。今夜はロイカトン(11月の満月を祝うお祭り)で賑わうはずの屋台もさっぱりだったろう。雨が上がった後でヤケクソのように打ち上げ花火の音だけが聞こえていた。

▲スパイシーなタイの夕食              ▲トンサイのキャットヲール

▲ライオンキング(6c+)の喉下を触る

▲大洞穴の中の素晴らしいルート Best route in Minnesota(6c)


22日 : 今朝はプラナンビーチからエリア「Escher Wall」に向う。岩場はアクション映画の撮影とかで小屋掛けがあり、フィックスロープが張られ多くの器材が散乱していた。アップの後でAs far as Siam(6a+)を登る。これも前回は大穴の上のクラックで行き詰まったのだがRP出来た。エリアの左端にあるドームのような大洞穴の中にあるBest route in Minnesota(6c)を登る。25mの見映えのする素晴らしいルートだ。右端の出だしが難しいが、中間部はガバホールドで易しい。最上部でルートを左寄りに取りフォールした。昼食の後、潮が引いて股下近くの深さの中をハッピーアイランドへ渡った。生憎目当てのルートは順番待ち状態だったので引き返した。

23日 : 夜中に激しく雨が降ったが、朝になると晴れていた。今日はトンサイで降りてエリア「Dum’s kitchen」のThe Lion King(6c+)へ。石灰岩のツララから染み出した水が雨のように降っている。午後はエリア「The Nest」 で1本登っただけで早目に帰った。

24日 : 今日から2泊3日でピピ島へ出掛ける。11時過ぎにピピ島の桟橋に到着した。狭い街にホテルや食堂、土産物屋などが犇いて建っている。ピピインシュラというホテルはビジネスタイプだが、綺麗で快適であった。昼食は近くのイスラム教徒の一家が営む食堂で食べる。ビールを置いていないので隣のコンビニで買って持ち込む。午後からビーチ沿いに20分歩いてエリア「Ton Sai Tower」へ。6a、5、6a+ の3本を登る。どれも階段状に薄被りのガバが続いている。パンプの被りの11aが
登れたら楽なルートである。

25日 : 朝飯はパン屋風の店でアメリカンのセットメニューを食べた。10時半にホテルを出て昨日と同じ岩場へ。5、6a+を各1本と6aを2本登って午前の部を終了し、昼食のために下山する。飯屋を探したが、適当な店が見つからないので結局行き付けの食堂にした。3回目だからオバちゃんから奢りの料理があった。食後岩場に戻り、左端の6aと6bの2本を登った。6bはコルネを持つところが少し難しかった。夕食はビーチ沿いのお洒落なレストランでゆっくり食べた。

26日 : 今日は半日なので7時発で岩場に向う。北海道のガイドOさんが来ており、Gladiator(6c)はお勧めだと言う。6aを登ってから取り付いた。大きく被って左上しており、岩も安定していないように思っていたが、階段状のガバホールドが積み重なったルートで楽だった。ここもパンプの11bが登れたら楽勝だ。定刻15時半に乗船し、アオナンのJ-Hotel に帰った。



▲ライレイ(ウエスト)ビーチ

27日 : 昨日の夕食で食べたイカ炒めのニンニクの影響か、今朝はルーズモーションで朝飯はパスした。今日もThe Lion Kingに取り付いたが、相変わらずニーロックが決まらずテンション。モチベーションは下がりっ放しだ。山越えでライレイ(ウエスト)からエリア「Diamond Cave」へ移動した。快適なテラスハウスで昼食を摂り、Jungs-o-Plenty(6b)等を登って早目に帰る。

28日 : 朝6時過ぎから降り出した雨が止まない。今日はクライミングを中止して休養日にした。夕食前にタイマッサージをしてもらう。初めての体験だ。肩と背中で1時間300バーツ(日本円で900円)、少しは疲れが取れたのかな?

▲「Wild Kingdom Wall」のConcrete Jungle(6c+)





29日 : 今日はトンサイで降りてエリア「Wild Kingdom Wall」のConcrete Jungle(6c+)に取り付いた。昨年は右端の6b+と6cの2本がOS出来たので狙ったのだが、、、。6ピン目ぐらいからレストしながら登るも8ピン目でフォールした。持久力不足だろうか?

30日 : 朝から雨で出発を少し遅らせる。ライレイ(ウエスト)からエリア「Hidden World」に向かう。Satanic Alliances (6b)は出だしが難しく、5ピン目のハングのポケットが耐えられずテンションとA0でトップアウト。次のSpace Head Gone Ape (6b)はコルネを登るのだが、最後のピン手前でフォールした。このエリアは全体にグレードが辛いようである。

12/1 : 曇っているが、雨は降っていない。出かけようとすると雨が降り出し、昼過ぎまで降り続いた。今日が最後のクライミングだったので登りたかったが、この雨ではどうしようもない。一日ゴロゴロと時間を潰した。

12/2 : 9時にホテルをチェックアウトし、車でクラビのサクラへ移動する。夕方までクラビの街でブラブラ過ごし、クラビ空港を19時にフライトし帰国の途に就いた。


2010年のタイ・クライミングのリザルト

日時 エリア ルート名 グレード 高さ 備考
11/20  Muay Thai  Nuat Hin 6a+ 15m 1テンション
Muay Thai 6b+ 15m RP
11/21   Dum’s kitchen The Lion King 6c+ 12m 3ピン手前でフォール
Eagle Wall  4:20 6a 15m OS (master)
Sea Monkeys 6b+ 30m TRだがテンション
11/22 Escher Wall Long Doo 5 12m OS (master)
As Far As Siam 6a+ 15m OS (master)
Mekong Crazy 6a+ 15m 1テンション
Best Root in Minnesota 6c 25m 上部テンション 敗退
11/23 Dum’s kitchen The Lion King 6c+ 12m TRだがテンション
The Nest Whacky Weed 6a 22m 上部でタンション
11/24 Ton Sai Tower
(PhiPhi Island)
Golden Copulation 6a 15m OS (master)
Stirfried Water 5 22m OS (master)
Birthday Boy 6a+ 13m OS (master)
11/25   Jug City 5 13m OS (master)
British Russian or Nineteen 6a 20m OS (master)
Hanna’s Gift 6a+ 20m OS (master)
Scenic Bullemic 6a 27m OS (master)
Sut Yawd 6a 30m OS (master)
Lois Lane 6b 21m OS (master)
11/26 Ton Sai Tower
(PhiPhi Island)
Mr.Viper & Mr.Pit Viper 6a 20m OS (master)
Gladiator 6c 28m OS (master)
11/27 Dum’s kitchen Schlingel Max 6b 15m 左の6cに逃げる
The Lion King 6c+ 12m テンション
Diamond Cave Jungs-o-Plenty 6b 15m RP(master)
Keep the Jam,Man 6a 20m OS (master)
11/29  Wild Kingdom Techno-Bug 6a 15m 1テンション
Concrete Jungle 6c+ 25m 上部でテンション
Fire Wall The Groove Tube 6a 25m RP(master)
Dum’s kitchen Schlingel Max 6b 15m 左の6cに逃げる
11/30 Hidden World Satanic Alliances 6b 20m 出だしとハングが登れず
Space Head Gone Ape 6b 18m 最後でフォール
Muay Thai Shadow Show 5 12m OS (master)

※ グレードはフレンチ、デシマルに換算すると5→5.9、6a→5.10a-b、 6a+→5.10c 、6b→5.10d、6b+→5.11a、6c→5.11b、6c+→5.11c 位でしょうか?

メラピークKOBE(兵庫県労山に所属する神戸の山岳会)

紅葉の御在所クライミング 阿弥陀岳北稜

Copyright(c) MERAPEAK-KOBE All Rights Reserved.