総会日恒例、堡塁岩クライミング   (○玉)



■日 時 : 2009年3月29日(日)
■場 所 : 堡塁岩
■目 的 : クライミング
■参加者 : L.○玉、mariko、ココノール、おー寒む 、もーりん

もーりん

おー寒む

ココノール

mariko

○玉














▲おー寒む、コズミックライン(5.10a)をRP
 恒例の総会日の堡塁岩クライミングである。今では真冬でも日向のあるところではクライミングがされているが、昔は冬の岩登りはお休みだった。春になって岩登りを始める時はザイル開き等と称していたように思う。まあ、今日がその日にあたるのだろうか。

阪急六甲駅を8時10分前に○玉の車で出発する。8時25分には中央稜下部で登攀準備に入った。天気は良いが、冷え込んで壁が冷たい。麓にはサクラが開花しているが、山はまだ冬の装いだ。全員、堡塁岩は昨年夏以来の久し振りだ。L=ココノール―おー寒む、L=○玉―もーりん―marikoの2班に分けて登る。

 ココノールパーティーは10mmシングルロープを使用して次のルートを登った。

 1) 右カンテ L=ココノール
 2) 電光クラック L=おー寒む
 3) 凹角 L=ココノール、
 4) サルカニカンテ L=おー寒む

玉井パーティーは9mmダブルロープを使って○玉がリードし、もーりん、marikoがフォローして次のルートを登った。

 1) 凹角
 2) 右クラック
 3) サルカニカンテ
 4) ダッコちゃん

なお、marikoがクライミングシューズを忘れたが、もーりんのを借りて登ることが出来た。

昼食の後、○玉が西稜ハングをリードし、もーりんがトップロープで登った。また、おー寒むがスカイフレークを登る。ココノールがパスしたため○玉がコズミックをリードした。もーりんがトップロープで同ルートをスムーズに登る。続いておー寒むがコズミックを見事にRPし、グレードは5.10aだが、昨日のジャスティス(5.11a)のRPと併せてお土産にした。しかし、懸垂下降しながらのギアの回収は大変でヌンチャク2個を残置してしまった。時間は早いが登攀を終了して15時前には車を走らせる。山上をドライブし再度DWを通って県連事務所に向った。


堡塁岩!”リハビリ”クライミングぅ〜!

もーりん

 右手首の付着部炎で全治3週間〜(>_<)

 ・・・とかお医者さんに言われて、えっと、今、2週間目。お医さんはサバを読んで完治までの期間を長めに言ってるハズ・・・と思っていたんだけど、まだ痛む。
 あー、こりゃ当分ボルダリングは無理かなぁー・・・トホホ(つд-。)

 で、おいでませ六甲山頂〜。ウエルカム堡塁岩!久々のルートです。しかもアルパイン。これなら手首への負担も少ないよねー!ま、いいかo(^o^)o

 今日は5時からメラピーク神戸の総会なので、久しぶりにメラのみんなと登りますー!

 阪急六甲駅に8時集合。○玉師匠の車で六甲山頂へー!で、8時半には早くも中央稜の取付きでした〜。
 今日の堡塁、寒〜い!

 だよね、だよね〜8時の神戸の気温が7℃ほど、日中でも11℃。高度100mで気温は0.6℃下がるんだから六甲山の上はそれよりずっーーーと低いはず〜(>_<)
 寒いせいか今日1日、堡塁はソロクライマーのおっちゃんをチラッと見かけただけで、メラのプライベートウォール状態!日曜日だというのにねー! 

 総勢5人。おー寒むさん、ココノールさんの”精鋭”パーティーと○玉師匠、marikoお姉さん、ボクの”リハビリ”パーティーに分かれてのクライミングでーす!
 
 秋の雪彦山以来、半年ぶりのルート。ハーネスに8の字結びをしてて、いきなりmarikoおねーさまにNGを頂く。結び方は間違えてないのだけれど、カタチがキレイに出来てなかったー。
 ひええ〜ゴメンナサーイ(´□`。)

 だけど、そういうお姉さまも大チョンボ!まさかまさかでクライミングシューズ忘れたぁあ〜〜〜???
 ま、まじっすかぁあ!?

 仕方ないのでボクのアナサジを貸してあげる。2足持って来ててよかったー!でもmarikoさん、US7.5サイズのシューズなのに痛い痛いって???

 さてさて、ではまず小手調べに中央稜「凹角ルート(IV+)」から。

 ○玉師匠がリードで登ります。marikoおねーさまは頚椎炎で首が回らないので(まさに”リハビリ”パーティ〜)、今日1日、ボクがビレイです。

 あーでも久しぶりなのに、いきなりダブルロープのビレイだよ。

 ○玉師匠、あっという間に20mを登ってフォローの支点を構築!セカンドはボク。

 い・・・岩が冷たぁあーーーい!
 冷たい、冷たい、冷たぁあーーーーーーい!

 核心の凹角に入る前にはあまりの冷たさで指先がジンジンし始めたよーo(TヘTo)
 何とか登ってセルフを取ります。あー、指の感覚がなーい!
 師匠が、指先が冷たいときは首筋に当てると良いと教えてくれますた。あ、な〜るほどっ!
 で、ボクはサードのmarikoお姉さんが登っているうちに懸垂下降の支点作り。

 ・・・と、言ってもケミカルのしっかりした懸垂支点があるので、そこにハーネスから解いたメインロープを通すだけなんだけど。後は末端を結んで、束ねたロープを2つに分けて中間部、先端部の順にザイルダウン!

 懸垂下降はまずはmarikoさんから。バックアップなしでルベルソキューブだけで降りよった!

 続いてボク。ATCを使っての下降。バックアップにスリングをクレイムハイストで結ぶ。

 ところがここで、デイジーチェーンのセルフを取ったままバックアップの効きをテストしていたらっ・・・!

 なんとなんと!カラビナからバックアップのスリングが弾けて外れたぁあ!!!なんでっ!?確かにしっかりカラビナに掛けたと思ったのにっ!

 とにかくバックアップとはいえ、カラビナは安全環付き使用しなきゃならないゾ!と叱られる結果に!

 バックアップで、しかもセルフを取った状態だからよかったけど、実はつい先日、裏六甲の蓬莱峡で安全環なしのカラビナで懸垂下降中にエイト環がカラビナから外れ、墜落死亡事故がおこったばかりなんですよねー。
 あーアルパイン、侮るべからず。

 で、カラビナを安全輪付きに替えて懸垂下降。ヒヤリハットで済みました。

 その後は午前中は「右クラックルート(IV)」、「サルカニカンテ(V)」、「ダッコちゃん(IV)」と”プライベートウォール堡塁”は登り放題。

 午後からは少し難しいところを・・・で、「西稜ハング(V+)」をまず登る。
 ところが核心のハングの乗っ越しでのムーブが右手の故障部分にモロに負担がかかる。ガバなのに右横方向遠くにあるホールドを持つと変な感じ〜。何か恐々チカラを掛けるもヤバ〜イ予感。

 とりあえずワンテン。

 師匠が「無理したらアカンでー。こんなトコでケガしたらアホらしいで!」と言ってくれるものの、目の前に岩があると登ってしまうのがヘッポコなれどクライマーの習性。

 恐々、じわじわ乗り込んで何とかクリア。手も大丈夫みたい。よかったよかった!

 さて、今日はメラの総会があるので、3時には撤収の予定。最後に中央稜西のフリールートを登って帰ることに。「スカイフレーク(5.9)」のバリエーションの「コズミックライン(5.10a)」で本日のシメ!
 夏に1度登っているんだけど今のボクには5.10aで精一杯かな?

 まず師匠が登る。得意系とかでほぼダイレクトで完登(ダイレクトは5.10c)

 で、トップロープにしてもらってボク。今回はムーブが分かっているので無駄なく登れたカナぁー。でも、ダイレクトなんて持久力のないボルダラーには無理無理。「スカイフレーク」と分岐の棚でしっかりレストして「コズミックライン」の核心。けっこうハングしてて、宙ぶらりんになりそうな足を何とか踏ん張ってフレークを引きつつ上部のガバへデッド!パンプに耐えて何とか終了点到達です。

 以上、本日のリハビリクライミングは無事終了。久しぶりのアルパインだったので、けっこう忘れてることがあったかなぁー。フリーと違って核心は確保技術にあるような・・・。

 さてさて、今日は早々に撤収して、この後は兵庫県勤労者山岳連盟の事務所でメラピーク神戸の総会なわけです。5時前からポツリポツリと会のメンバーが集まりだして〜。来年度の役員を決めたり山行を計画したり・・・もちろん、その後は飲んで食べての大騒ぎ(*^ー^)/C□~~

 あ、ボクは装備管理&HP担当となりました。メラのHPはおもっきりリニューアルの予定っ!

 とりあえず、7月下旬に日本で2ばんめに高いお山「北岳」のバットレスへ行くらしい。
 で、9月には日本で1ばんめに高いお山「富士山」というところへ行くかも知れない。

 「あたし富士山、登ったことないですー」とメラのマドンナS水お嬢さまの一声。うーん、富士山ねぇー。

 へっぽこオヤジボルダラーのシーズンオフは迷走の予感(T_T)/~~~

メラピークKOBE(兵庫県労山に所属する神戸の山岳会)

熊山ハイク 春山トレ ―木曽駒ヶ岳―

Copyright(c) MERAPEAK-KOBE All Rights Reserved.